無料ブログ作成サービス JUGEM
ダライ・ラマ14世特別講演会に参加
0
     渡辺議員は11月13日、参議院会館内で行われたダライ・ラマ法王14世特別講演会に世話人として参加した。  衆参役150人の議員が集い、法王は普遍的責任と人間の価値をテーマに 通訳を交えて約1時間話された。  講演会の最後に渡辺議員が読み上げるチベット及びウイグルに対する中国の人権弾圧 に抗議するアピール文を採択、国会内にチベット支援国会議員連盟設立することも併せて決議した。
    | 渡辺義彦事務所 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    臨時国会で初質問
    0
       渡辺議員は11月8日、安全保障委員会で質問に立った。  委員会質問に立つのは今臨時国会では初。  尖閣諸島問題で揺れる南西方面の防衛態勢をはじめとして、 次期支援戦闘機F−35の納入機体の是非、サイバー戦対応、韓国弾道ミサイルの 射程延長など、多岐に亘る質問を行った。
      | 渡辺義彦事務所 | 国会質問 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      明治の日実現に向けて挨拶
      0
         渡辺議員は11月6日、永田町憲政記念館で行われた「明治の日を実現しよう!国民 集会」に参加した。  この集会は現在文化の日とされている11月3日を、明治天皇誕生日を祝うという本来 の意味が判るように改めようというもの。  約250人の聴衆を前に同代議士は、「私にとっての日本人像は父親ではなく、明治 生まれの厳格なおじいちゃんであった。  日本人を取り戻すために明治の精神を意識すべく明治の日を制定しなければならな い。  併せて、占領軍に押し付けられた憲法も60年間そのままである。我々日本人の魂を 入れるべく憲法の見直しを図るべきだろう」と挨拶、会場からは賛同の拍手が送られた。
        | 渡辺義彦事務所 | 国会議員活動 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        慰安婦問題で熱弁
        0
          渡辺議員は11月6日、衆議院第1議員会館内で行われた 「慰安婦問題を糺し、毅然とした国の対応を求める意見交換会」に 出席した。  超党派国会議員によるリレートークスピーカーとして参加した同議員は、 「この問題解決には外交力が必要で、そのためには軍事力、経済力そして国民が一丸 となって この問題を解決しようとする民力が重要だ」と述べた。  また、「慰安婦問題は吉田という日本人が韓国人に対する謝罪を通じた売名行為か ら始まった問題であり、日本政府はまず公式に問題を否定することから始めるべきだ」 と訴えると、集まった聴衆約400名から拍手が沸いた。
          | 渡辺義彦事務所 | 国会議員活動 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          新党きづなを離党表明
          0
             渡辺議員は10月23日、国会内で記者会見し、新党きづなの離党を表明した。 ^歐契風が吹き荒れる大阪という選挙区事情、◆峭駝韻寮験茲第一」の政策検討 会議副座長という役職にすでに就いている状況にあるため、をその理由として説明、 近日中にきづなと会派を組む「国民の生活が第一」に入党する意向を示した。  記者会見に同席した内山晃代表は、「会派を組むきづなと生活は仲間の関係。移籍 といった感覚で捉えて欲しい」と渡辺議員の「生活」入りを歓迎するコメントを発した。  新党きづな所属議員が「国民の生活が第一」に合流するのは、言わば既定路線。 その先陣を切った格好だ。
            | 渡辺義彦事務所 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |